大手制作会社のデメリット

製作費が高額になりやすいのが玉に瑕です

大手制作会社にweb制作を依頼するデメリットですが、製作費が高額な点です。有名なデザイナーの方々に製作を頼めるのがメリットです。独創的なオフィシャルサイトを確かなスキルと高品質な技術で構築してもらえます。その反面、一流のクリエーターに依頼すると、僅かな量でも多額の制作費が発生し、オフィシャルサイト全体の構築を依頼すれば想定していた予算を大幅にオーバーする額になるかもしれません。

web制作の分野に限った話ではなく、大手企業はサービスの信頼性とクオリティの面は非常に優れていますが、製作費が業界平均よりも高額な事がほとんどです。また製作者側の言い値で、プランの費用が設定されている事も多く、いわゆる中小企業や個人事業主が交渉を重ねても値引きされる可能性は低いです。

個人事業主や中小企業は依頼を出しにくい側面も

そもそもweb制作を請け負う大企業は、取引先を絞り込んでいる事が多いです。ビジネスなので当然ですが、クライアントを独自の基準で選定するIT企業は珍しくはありません。特に大手企業ほど、取引先を厳選しやすく、有り体に言えば地方の中小企業や個人事業主からの依頼を引き受けてもらえないケースがあります。大企業や自治体、大学や官公庁などをメインのクライアントに選定しており、それ以外の小規模な団体や中小企業からの依頼は原則引き受けない、こういった方針の大手IT企業は残念ながら少なくはありません。

ただ全ての大手制作会社がそういった方針を設定しているわけではなく、依頼する内容や予算などによっては、ビジネスの規模やビジネスモデルにかかわらず、個人や中小企業からの依頼でも快く引き受けてもらえます。

© Copyright Web Design. All Rights Reserved.